ブログ
OPTOMA(オプトマ)プロジェクター最新情報

投稿日:2014年11月7日


メーカーさんより、新製品情報がニュースリリースされましたので、やっと温めてきた内容を書くことができます☆

 

先日、Budsceneにてよくリビングシアターにおすすめしているプロジェクターメーカー、

 

OPTOMA社の Asia Pacific General Managerの林宗毅さんが弊社ショールームへいらっしゃいました。

 

なんと当時国内未発表モデル3機種とともに!

 

写真 2014-10-09 10 39 26

 

右側のプロジェクターは常設のJVCのモデルで、

 

にじいろシネマでもおなじみのイベント用仮設ラックに、

 

上から順に

新発売のHD26、

弊社越谷ショールームで常設のHD25LV

そしてブラックモデルの新製品HD90(まだ国内発表前のようですが、、、)

と設置しました。

 

写真 2014-10-09 10 47 48

そして天吊でプレゼン用のプロジェクターもOPTOMAです。

これとは別に、短焦点プロジェクターGT1080もあります。

 

弊社にお越しいただいた理由としては、

OPTOMAのプロジェクターを日本で一番多くインストールしているインストーラーであり、

OPTOMAのプロジェクターについて意見交換したいとのことでした。

 

意見交換の前に、

 

Budsceneがお客様にお伝えしている内容を実際にプレゼン!!

 

写真 2014-10-09 10 04 47

 

もちろん、

 

黒が締まる!

 

とか

 

発色が何万色!!

 

とか

 

コントラスト比が!!!

 

なんて説明はいっさいしません。

 

弊社の提案に林さんも衝撃を受けたようで、

 

戻ってから社内でも内容をシェアすると言っていただきました。

 

※ちなみに定期的に暮らしを楽しむセミナー等開催しておりますので、

 内容が気になる場合はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

と、弊社の説明の後はさっそく新製品HD90のご説明を受けました。

 

HD90はLED方式を採用した最新モデルで、業務用のプロジェクターの高級機ではすでに発売されていますが、

 

ホームシアター用では初のモデルになります。

 

詳細はまたメーカーさんが発表された後に書きます。

 

注目のもう1台、短焦点プロジェクター GT1080もデモして頂きました。

 

写真 2014-10-09 12 21 25

 

真っ白なプロジェクターでリビングシアターとの相性もよいです。

 

何よりも特徴が短焦点であること。

 

写真 2014-10-09 12 10 20

 

1.1mで100インチが投影可能です。

(後ろのスクリーンは160インチです)

 

固定レンズのため設置位置の調整が難しいですが、そこはインストーラーの腕の見せ所なのでお任せ下さい。

 

ちなみに、レンズのスローレシオが0.5:1なので、スクリーンの横幅の半分が投射距離になります。

 

最後に、OPTOMA社の林さん(←はやしさんではなくリンさんです、、、)と記念撮影。

写真 2014-10-09 12 15 08

 

ちょうど音元出版さんも記事がでてたので、技術的な情報はコチラを参照ください

http://www.phileweb.com/interview/article/201411/07/244.html

この記事を読んだ方へのおすすめ記事