ブログ
マンションのホームシアターは防音が必要?

投稿日:2015年12月25日


こんにちは!ホームシアターの伝道師 Budscene並木です。
メリークリスマス♪
クリスマスイヴにガッツリ映画を観させていただきました^^

今日はマンションでのホームシアターについて考えていきます。

マンションでのホームシアターに防音は必要か?これは非常に難しい問題です。
まず、建物の躯体構造によって防音効果も違うからです。

マンションの場合、お勧め出来ないのは埋め込みスピーカーです。埋め込みスピーカーは内装に穴を開け

スピーカーを取りつける事になるので、上階の住居に音が漏れやすくなります。

埋め込みスピーカーを利用したい場合や、プロジェクターの配線を隠したい場合には、現状の天井の下に

新たな天井をリフォームで作る事をお勧め致します。ご希望の照明や仕上げ材も実現出来るので、新たな豊かさが生まれます。

Budsceneでは賃貸マンションやアパートにもホームシアターの実績がございます。躯体構造は木造の場合もあるんです。
この場合、お客様と想定出来る音漏れを防音のプロとして確認し、お客様に安心して楽しんでいただけるボリュームを設定するのです。
昼間のボリュームはこれくらい!夜のボリュームはこれくらい!とアンプの数値でお客様にお伝えしております。

このボリュームでも十分楽しめる!という感想がほとんどです。

サブウーファーの低音も漏れやすい音になりますので、AVボードの上などに置き、下階に振動での音漏れが発生しにくいように計画しセッティングすれば大丈夫です。

安心する為に!Budsceneのホームシアターショールームでボリュームを確認してみてください。

ホームシアターの伝道師 Budscene並木でした。

マンションのホームシアター

この記事を読んだ方へのおすすめ記事