ブログ
ステレオとサラウンドの違い

投稿日:2015年12月4日


こんにちは!ホームシアターの伝道師 Budscene並木です。
今日は進化してきた音について書かせていただきます。

ホームシアターの効果を最も発揮するのは、サラウンド音声です。
Blu-rayやDVDの収録音声、そして地上波デジタルやBS/CSの音声もサラウンドの番組があります。ゲーム機もです。

BudsceneのイベントではWii-Uを楽しもう♪というイベントも多いのですが、マリオカートの亀の音が後ろから聴こえてくるんですよ!盛り上がるの間違い無し!

サラウンドとは、4つ以上の音源が収録されており、4つ以上のスピーカーからそれぞれ違う音が出てきます。

一般的に音楽を聴く環境や映画やTVを観る環境はステレオの環境が多いです。

ヘッドフォン…右左から音が出てきますよね。

コンポ・・・スピーカーは2ヶが付いてきますよね。

TV・・・基本的には2つのスピーカーが内臓されています。

スマホ・・・これもステレオで2つのスピーカーが入っています。

では、サラウンドで作られているBlu-rayやDVDなどをステレオの環境で視聴するとどうなるのでしょうか?

音自体の数が減る事は無いのですが、聴こえにくくなる音、ほとんど聴こえない音が出てきてしまいます。

だって、5つも7つものスピーカーから出る為に作られたコンテンツですから、バランス良く聴こえるわけが無いですよね。

これはと~~~っても損をしているんです。

是非、このようなサラウンドコンテンツをステレオとサラウンドとの比較がBudsceneのショールームでは出来ますので、是非体感にいらしてください。
サラウンドのコンテンツをステレオで聴いたとき。そしてサラウンドで聴いたとき。を体感出来ます。
鳥肌が立つ体感をお約束致します!!!!!

ホームシアターの伝道師 Budscene並木でした。

ステレオとサラウンドの違い

 

この記事を読んだ方へのおすすめ記事